MENU

NEWS

2018.06.25レポート

NPO法人親子はねやすめ総会を開催しました。

先日6月18日、NPO法人としての親子はねやすめの総会を開催しました。簡単に報告させていただきます。

2017年度・活動実績からトピックス

設立から4年が経過、少しずつ実績と信頼を重ね、活動には広がりが出てきました。

・8月5日~11日 長野県筑北村 修那羅。一週間にわたってのきょうだい児キャンプは楽しくもあり、ちょっとしんどい面も(笑)

・8月18~20日 長野県筑北村 第6回 親子レスパイト旅行。恒例となったこの企画、3家族13名と約50名のボランティア参加がありました。カシオ計算機様協賛
・10月6~7日  宮城県仙台市秋保 第7回 親子レスパイト旅行

2家族10名と7名のボランティア参加(地元からのご参加を含む)がありました。

タケダ・ウェルビーイング・プログラム2016により実現

・3月17~18日 新企画、新潟県むいかスキーリゾートできょうだい児の雪遊び。カシオ計算機様協賛、株式会社ホスピタリティオペレーションズ様協力により実現。

2017年度・収支報告に関連してトピックス

・賛助会員 52名のうち27件が今年度の新規加入者。改めて感謝申し上げます。2017年のはじめごろ、当事者家族の方にも賛助会員制度などをご案内差し上げたところ、大変な応援のお気持ちと共に温かいご支援を賜ることとなりました。「支え合う社会」の実現にも通じるエピソードとして勇気をいただきました。

2018年度・活動計画からトピックス

・栃木県佐野市で、きょうだい児向け日帰り農業体験企画を実施中。5月6月は実施済です。短期の大型連休キャンプではなく、日帰りを断続的に行う形をとっています。

・秋の活動として2017年に引き続き、仙台市秋保でのイベントを企画中。イベント運営には地域の中からボランティアを募り、イベントを通じて活動の広まりを仕掛けていきたいと考えています。

・親子レスパイト旅行、きょうだい児キャンプ、演奏会、屋形船、も引き続き行うとともに、関係団体との情報交換や連携を強化していくことも大切なテーマとなります。

 

以上のようなことが報告され、議題はすべて承認され、またこの一年の活動について改めてスタートを切る一日となりました。