MENU

NEWS

2018.07.12レポート

あらためて、親子レスパイト旅行がどのようなものか

親子はねやすめのメインの活動は、医療的ケアの必要なお子さんとその家族の休息を支援するための、親子レスパイト旅行を実施することです。では、その親子レスパイト旅行が実際にどんな様子なのか、写真を交えてご紹介させていただきます。


こちらは2017年8月親子レスパイト旅行での集合写真。3家族13名に喜んでもらうため、大勢のボランティアが集まり、2泊3日の旅行をサポートいたしました。


こちらはまた別の時の写真ですが、このように呼吸器が必要だったりするお子さんも、大きな浴場でゆったりと湯船に浸かることができました。このようなとき、医療ボランティアの介添えは欠かせません。


旅行先の地元の野菜や食材でBBQを楽しんだり、のんびりと食事をとる時間も大切にしています。リラックスしてほしいから。受け入れ地域の有志ボランティアの方が活躍する時間でもあります。


旅行の合間に演奏会を行ったりもします。


『この子が 家に戻ってきたときに よく流れていた曲。 色々と そのときのことを思い出しちゃって・・・。』


『旅行なんて無理。そう思っていました。ありがとうございます。おかげさまで この子の成長を見ることができました。』

これまで支援してきたご家族のほとんどは、家族そろっての旅行経験がありません。
ご家族が日ごろの大変さからいくばくか解放されて、リラックスして休むことができたと実感できたとき。何よりも嬉しい瞬間です。
医療的ケアの必要なお子さんは日本国内に約17000人。社会が、ご家族への理解とともに、お子さんの未来に向けてかかわりあえる社会。支え合う社会になってほしい。日本はそれができる!そう信じて活動をしています。
これからもご支援のほど、よろしくお願いいたします。